アフィリエイトのやり方!アフィリエイトは基本が大切な理由とは?

目安時間:約 10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

アフィリエイトは基本が大切な理由とは?





あなたはアフィリエイトの記事を書いていて・・・

「どうすれば上位表示できるんだろう?」

「どうやったらアクセスが集まるんだろう?」

「こんなに頑張って書いているのに何がダメなんだろう?」

といった疑問や不安を感じたことはありませんか?

僕は稼げなかった期間が長かったから、こういう気持ちはよく分かります。

アフィリエイトでは、「記事を書くだけ」では稼ぐことができません。

「正しい知識」を身につけてから記事を書かないと100記事書いても、200記事書いても望み通りの収入を得ることはできないのです。

(以前は記事数さえ増やせば稼ぐことはできましたが、今は稼げなくなってきています)

今回は、「正しい知識」の中の基本的なことについてお話させていただきますので、あなたが記事を書く時の参考にしてみてください。

アフィリエイトの基本て何ですか?





アフィリエイトの基本というのは・・・

・検索ボリュームの基準を知る

・ライバルチェックの方法

・クリック単価の重要性

・アクセス解析を見る必要性

などです。

実践的なことだと・・・

・アクセスを集めることができるジャンル選び(キーワード選定)

・ターゲットやコンセプト設定

・画像や見出し、文字装飾の使い方

・ストレスなく読める記事構成やライティング術

・あとがきの重要性

などなど色々とあって、さらに応用としてのテクニックも様々なものがあります。

ただ、アフィリエイトの知識というものは色々ありますが一番大事なのは「基本」です。

「ターゲット設定」や「画像の使い方」なども大切ですが、その前に「どんなキーワードでブログを作ればアクセスが集まるのか?」が分からなければ、どれだけ良い記事を書いたとしても収入にはつながらないです。

「どんなキーワードでブログを作ればいいのか?」を知るには「キーワード選定」が出来ないといけません。

「キーワード選定」が出来るようになるには「基本的なこと」を学ぶ必要があります。

そして、ほとんどの人は「キーワード選定」に必要な基本的なことを知らないので、アクセスを集めることができずに不安を抱えたり、嫌になって辞めてしまったりするのです。



スポーツでも、仕事でも何でもそうですが「基本」を学んでから実践して、応用していくことで大きな成果を出すことが出来ます。

アフィリエイトも同じなんです。

「基本」を知らないとできるようにならないです。

アフィリエイトの基本を知らないと稼げるようになるまでにすごく時間がかかってしまうのです。

なので、まずは基本を学んで(身に付けて)から記事を書くようにしてください。

検索ボリュームの基準とは?


アフィリエイトでは「何を書くのか?」ということは非常に重要になってきます。

「何を書くのか?」を間違えてしまうと何記事書いてもアクセスは集まりません。

例えば「腰痛」と「頭痛」というキーワードで比べてみると


(Googleトレンド比較)

頭痛の方が「検索している人が多い」ことが分かります。

黄色いグラフは僕がブログ運営していて、上位表示されている記事がいくつかあるキーワードです。

だいたい頭痛のキーワードと同じくらいの検索ボリュームになっています。

これくらいの検索ボリュームがあれば、上位表示できる記事が増えてくると1日に2万PVくらいのアクセス数を集めることができます。

ブログを作る前に検索ボリュームを見るだけで「どれくらいのアクセス数が集まるのか」がだいたい分かるのです。


クリック数やクリック単価にもよりますが、1日に2万PVくらいのアクセス数があれば月に20万円ほどの収入を得ることができます。

そして、「腰痛」のキーワードは「頭痛」の半分くらいしかないので、上位表示される記事が増えても1万PVくらいのアクセス数しか集まらないということになります。

これが「検索ボリュームの基準」です。

記事を書き始める前に「このキーワードで記事を書くと、上位表示された時にどれくらいのアクセス数が集まるんだろう?」という基準がわからないと「ホントにこのジャンルで記事を書いていってもいいのかな?」といった不安を感じてしまうことになります。

不安を感じるだけでなく、せっかく頑張って記事を書いても全然稼げずに終わってしまいます。

もし今、記事を書いているジャンルがあるなら「頭痛」や「腰痛」のキーワードと比べて「どれくらいのアクセス数が集まるのか」を比較してみてください。

ライバルチェックの方法とは?


ライバルチェックの方法は、一番簡単なのが「キーワードプランナー」を見ることです。

例えば「お金」のキーワードでのライバルサイトの強さを調べてみると



「競合性」が全部「高」になっています。

競合性は「高」「中」「低」に分かれていて、「高」になるとライバルサイトたちがかなり強いです。

なので、なるべくなら「低」を狙った方がいいです。

ただ、「低」でも検索エンジンの3ページくらいまでの記事が、ほとんどアフィリエイターというキーワードもあります。

そういったキーワードも避けるようにした方がいいです。

(タイトルの付け方や広告を見ればアフィリエイターかどうかがだいたい分かります)

クリック単価の重要性とは?


僕の運営しているブログで1日のアクセス数が2万PVくらいで月に60万円ほどの収入になるブログと、3万PVあるのに月に20万円ほどのブログがあります。

一番の違いは「クリック単価」です。

例えば、「お金のキーワード」だとライバルは強いですがクリック単価がすごく高いです。




推奨入札単価に0.68をかけたものがクリック単価になるので、もう少し低くなりますがそれでもかなり高いです。

そして「頭痛」のキーワードだと




ライバルは強くないですがクリック単価は良いとは言えないです。

推奨入札単価が50円くらいなのでクリック単価は30くらいになります。

(30円というクリック単価が特別低い訳では無いです、普通です)

それでは、先ほどのライバルチェックで検索ボリュームが「頭痛」の半分しかなかった「腰痛」のクリック単価を見てみましょう。



推奨入札単価が「頭痛」の倍くらいの額になっています。

そうなるとクリック単価も倍くらいになります。

検索ボリュームが半分しかなくても(アクセス数が半分でも)クリック単価が倍なら収入は同じくらいになります。

アクセス数が少なくてもクリック単価が高ければ収入は高くなることを知っておいてください。

そして反対に、アクセス数があってもクリック単価が低いと収入はそれほど高くないことも理解しておいてください。

アクセス解析を見る必要性とは?


アクセス解析って毎日見ていますか?

なかなかアクセスが増えないと見るたびに気が滅入ることもありますが「毎日見るクセ」は付けておいた方がいいです。

アクセス解析で大事なのは「変化に気づくこと」だけじゃなく「変化を検証すること」です。

「どうしてアクセスが増えたのか?」

「どうしてアクセスが減ったのか?」

を考えて、あれこれ試行錯誤して、実践して、検証する必要があります。

アクセスに変化が無いなら「何か新しいこと」をしなければいけません。

アクセス解析を見た時に「ああ、今日も増えていない・・・」とか「あっ!今日少し増えてる!」ていうことだけじゃなくて「増えた原因」「減った原因」「変わらない原因」を考えなければいけないのです。

考えても答えが見つからないことの方が多いかもしれませんんが、アクセス解析を見て考えるようにしていると「あっ!こうすれば上手くいくかも!」ということが閃(ひらめ)くようになってきます。



「時間別のアクセス数」や「ページごとのアクセス数」などを見て、考えるようにしてみてください。

データ(数字)の中に、「稼ぐためのヒント」がたくさん詰まっていますので。

さいごに


ブログアフィリエイトで稼ぐためには「知らなくて困っている人(検索している人)が多いキーワード」で記事を書かなければいけません。

検索している人が少ないキーワードで記事を書くということは、誰もいない所で商売を始めるようなものです。

ただ、検索している人が多くてもライバル(教える人)がたくさんいれば、自分の所に来る人が減ってしまいます。

人通りが多い場所でラーメン屋さんを始めても、周りにラーメン屋さんがたくさんあれば自分の所に来てくれる人が減ってしまうようなものです。

そして、クリック単価が低いとアクセス数がたくさんあっても収入が増えないこともあります。

あとは、アクセス解析を見ていないと「自分のやっていることが正しいのかどうか」が分からなくなってしまいます。

アフィリエイトもスポーツや会社での仕事と同じです。

一つ一つの基本を身に付けてから記事を書いていくようにしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
自己紹介と当ブログについて

isao12

管理人:いさお
詳しいプロフィール

カテゴリー
アフィリエイト基本用語

afyi12a
上記画像かこちらをクリックしてください。

最近の投稿
人気ブログランキング
メタ情報