アフィリエイトで稼ぎ続けられる人と稼ぎ続けられない人の違いとは?

目安時間:約 11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

アフィリエイトで稼ぎ続けられる人と稼ぎ続けられない人の違いとは?




ブログアフィリエイトで稼ぎ続けられる人と稼ぎ続けられない人の一番の違いは・・・


「読者の為に記事を書いている」か「検索エンジンの為に記事を書いている」かです。


そして、これからは「稼げる」か「稼げない」かの違いにもなってきます。

ちょっと嫌な話になるかもしれませんが、これからアフィリエイトを続けていくうえで必要になってくる考え方なのでお話させていただきます。

検索エンジンの為に記事を書いている人が稼げなくなる理由とは?


2016年に大手企業のキュレーション(まとめ)サイトが「低品質なコンテンツを量産」していることで大問題になりました。

医療関係の記事で信頼性の薄い記事を外注に書かせていたんです。

いくつかのキュレーションサイトを運営していて、1日に「1万文字の記事を100記事公開」することでたくさんの記事を上位表示させていました。



本人たちに罪の意識はあまりなかったと思います。

それは、アフィリエイトの世界では「当たり前のこと」だから。

「30分で1記事書けるようになりたい」

「まずは100記事目指して頑張ります」

こういったことはアフィリエイトの世界では当たり前のことです。

記事を上位表示してくれるのは検索エンジンだから、検索エンジンの為に多くの人は記事を書いています。

大問題になって閉鎖に追い込まれたキュレーションサイトも同じです。

「とにかくたくさんの記事を集めて上位表示させていた」のです。

有名企業で規模が大きかったから大問題になっただけです。

ほとんどのアフィリエイターがやっている記事の量産と何も変わらないです。




ちょっとだけ、ここであなたに考えてみてほしいのです。

あなたが何かを調べたくて検索した時に・・・


・30分で書くことを目的にした記事


・読者の為に頑張って丁寧に書いた記事


の2つの記事があればどっちの記事を読みたいですか?


どちらの記事に上位表示されていてほしいですか?


・・・きっと、自分が調べる時には「読者の為に頑張って丁寧に書いた記事」が読みたいと思います。

検索エンジンや読者が求めているものは検索エンジンの為ではなく、読者の為に書かれた記事です。

「早く書くことを目的とした記事」ではなく「質の高い記事」です。

それが検索エンジンと読者が記事に対して考えている「当たり前」です。

この「当たり前の違い」が、これから稼ぎ続けられる人と稼ぎ続けられない人との大きな違いになってきます。

検索エンジンの為に書いている記事と読者の為に書いている記事の大きなズレとは?




検索エンジンの為に記事を書いている人は「どうすれば上位表示されるんだろう?」て考えながら記事を書きます。

それ自体は悪いことではないのですが、検索エンジンの為に記事を書いてしまうと・・・


・タイトルと記事内容が合っていない

・タイトルの中にキーワードを詰め込み過ぎてスパム扱いされる

・改行の文字がくっつきすぎていて見づらい

・見出しや画像が記事内容に合っていない

・自分本位な文章になっている

検索した答えがどこに書いてあるのかよく分からない


などなど読者の為に記事を書いていれば「普通は気づけることに気づけなくなってしまう」のです。

そうなると結局、「読みづらい記事」になったり、検索エンジンから「低品質なコンテンツ」と見られてしまいます。

そして、検索エンジンが本当に望んでいる記事からどんどん離れていった記事」になってしまうのです。

読者の為に記事を書いていると・・・


「ここで文字装飾を使ってあげると理解しやすくなるかな?」

「ここで画像を入れると飽きずに読んでくれるかな?」

「見出しは疑問文にすると興味を持って見てもらえるかな?」

「悩みに関する記事だから、あとがきは前向きな言葉を入れてあげたいな」

「ここに接続詞を入れた方が、もっと自然に読めるかな」

「検索した人がすぐに答えを見つけられる記事構成にしないと」


といったことを考えながら記事を書くようになります。

そして、結果的に「読みやすい記事」になります。

これが「検索エンジンの為に記事を書いている人」と「読者の為に記事を書いている人」の大きな違いであり、大きなズレなのです。

記事数や文字数だけで稼げていた時代の終わりについて




ほんの半年前まではアフィリエイトで「記事数」と「文字数」を増やすことは、とても大事なことでした。

(記事を書いている今は2017年の4月です)

実際には、少ない記事数や文字数よりも多い方が良いとは思います。

(内容が濃ければの話ですが)

ただ、キュレーション(まとめ)サイトの問題によって、2017年の始め頃から大幅なアップデートが行われました。

他の有名なキュレーションサイトやリライトで記事数を増やしていたブログの多くが大幅に順位を下げたり、閉鎖に追い込まれる状況になってしまいました。

記事の中には有益なものもたくさんあったと思います。

真面目に記事を書いていたのに順位が大きく下がった人もいるでしょう。

たとえ記事数を増やすことを目的にしていても、みんな頑張って記事を書いています。

それに、文字数を増やすことも簡単なことではありません。


でも


頑張ったかどうかは読者にも検索エンジンにも関係の無いことです。

どれだけ良い記事なのか」ということ だけ が大事なのです。

僕が現在、運営しているブログ4つのうち100記事を超えているブログは1つだけです。

他の3つのブログは100記事も書いていないのに月に10万円を超えているし、中には月に60万円を超えているブログもあります。

もう「まずは100記事書いてブログにパワーを付けて」という時代ではないです。

(少ない記事数で稼げるようになることが良いというわけではなく、記事数を増やすだけではもう稼げなくなってきているという意味です)

今は、正しい方法さえ知っていれば30記事しか書いていないブログでも1万PVを集める事もできます。

検索エンジンの進化と共に、少ない記事数でも「良い記事」と判断されれば上位表示されるようになってきているのです。

これからはさらに、記事数よりも記事の質が求められるようになってきます。



何よりも読者のことを考えて「記事の質」にこだわるようにしてほしいのです。

それが稼げるブログを作るための一番の早道なので。

さいごに


僕は昔から読者の為に記事を書いていた訳では無いです。

検索エンジンの為に記事を書いていました。

「どうすれば上位表示できるんだろう?」

「どうすればもっと簡単に、すぐに稼げるようになるんだろう?」

て毎日考えていました。

そういったことばかりを考えながらコツコツと記事を書いていたのです。

でも、あるときアフィリエイトをすることがすごく嫌になったんです。

会社の仕事とアフィリエイトの仕事だけで1日が終わってしまい全然プライベートな時間が無いし、パソコンの調子も悪くなっていました。


何のために頑張っているのかが分からなくなってしまったんです。


だからもう辞めようって思いました。

辞める日も、もう考えていました。

周りの人にも「もう辞めるんだ」て話をしていました。

(頑張っていたことを誰かに認めてほしかったのかもしれません)

それから、「もうホントにこれで辞めよう」と思っていた時に1件のコメントが入っていました。


「ありがとうございます、分かりやすかったです」ていうコメントが。


きっと、何気ない気持ちで送ってくれた感謝の言葉だったと思います。

でも、僕にとっては、とても大きな一言でした。

その言葉に僕は救われました。

自分の為だけに書いてきた記事でしたが、「やってて良かった」て思えたんです。

「ムダじゃなかった」て。

そして、今度は「読者の為に記事を書こう」て決めました。

それまでは「100記事書いて稼げるようになったら手抜きをしよう」て考えていたんです。

でも、そのコメントをいただいてからは「1記事1記事丁寧に精一杯書こう」て決めました。

僕は1記事を書く時に3日くらいかけることがあります。

記事を書いても公開しないこともあります。

あなたにそうして欲しいと言っているわけではないです。

単なる僕の「こだわり」なので。

ただ、アフィリエイトの手法というものは半年くらいで変わっていきます。

どんどん変わっていきます。

でも、読者が求めているものはいつまでも変わらないです。

読者や検索エンジンが求めているものは「良質な記事」です。

漫画好きな人が「面白い漫画」を求めるように。

ラーメン好きな人が「美味しいラーメン」を求めるように。

検索する人は「信頼性の高い答えのすぐ見つかる良質な記事」を求めています。

現在のアフィリエイトで稼ぐ(稼ぎ続ける)ために一番必要なのは「検索する人が多いキーワードで、良い記事を提供する」ことです。

その気持ちが無いと稼げなかったり、もし稼げるようになってもいずれは稼げなくなってしまいます。

だから本当に大事なことを忘れないでほしいのです。

すぐに変わるものばかりを追いかけずに、変わらないものを大切にしてほしいのです。

あなたの書く記事が困っている人に、そっと手を差し伸べてあげられるような記事であってほしいなって思います。

それが本来のアフィリエイトの姿だと思うから。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントは4件です

  1. しょへ より:

    いさおさんこんちは。

    しょへと申します^^

    「量より質」の大切さを改めて感じさせてくれる記事でした。

    記事は自分のためもなく検索エンジンのためでもなく
    読者さんのために書くんですから読者のことを考えない記事はクソ記事ですよね。

    これからもより一層心だけていきたいと思います。

    ありがとうございました!

    応援もしていきますね(`・ω・ )ゝ

    • いさお より:

      こんばんは、しょへさん。
      いつもコメントと応援ありがとうございます!

      そして、返信が大変遅くなってしまい申し訳ありません。
      そうなんですよね。

      記事は、自分の為や検索エンジンの為の前に「読者の為」に書かなければ上手くはいかないですよね。

      良い記事を作っていきたいですね。

      またのご訪問をお持ちしております。

  2. ミコ より:

    いさおさん、初めまして。ミコと申します。
    ランキングからお邪魔しました。

    よくブログの記事はラブレターを書くように
    ペルソナを決めて、その人のためだけに書くと言われますが、
    いさおさんが書かれているように、
    読者が求めている答えにたどり着ける記事にしないといけませんよね。
    ペルソナが求めている答えを書いた記事・・・
    私はもっともっとペルソナのことから勉強しないといけないようです。

    応援していきますね。
    また来ます。

    • いさお より:

      初めましてミコさん。
      コメントと応援ありがとうございます!

      僕の場合は、記事にもよりますが書く時に「伝えたい人」をぼんやりと想像しています。
      それは、知り合いの時があれば、困っている人を想像する時もあれば、昔の自分だったりもします。

      検索する人は「知らないから困っている」て思えば自然と「単なる説明文」ではなく、「伝わる文章」になるための工夫をするようになります。

      「ここは、もっと分かりやすくしないと難しいかな?」とか「ここに画像を入れれば理解しやすくなるかな?」て考えるようになるんです。

      ペルソナで大事なのは「ただ読む人を想像する」ことではなく、「知らなくて困っている人にどうすれば伝わるのか?」を考えて記事を書くことなんです。
      意識するだけで、全然違う記事内容になるので試してみてください。

      またのご訪問をお待ちしております。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
自己紹介と当ブログについて

isao12

管理人:いさお
詳しいプロフィール

カテゴリー
アフィリエイト基本用語

afyi12a
上記画像かこちらをクリックしてください。

最近の投稿
人気ブログランキング
メタ情報