アフィリエイトで記事が読みたくなる見せ方と共感の与え方とは?

目安時間:約 11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

アフィリエイトで記事が読みたくなる「見せ方」とは?


アフィリエイトで記事が読みたくなる「見せ方」は・・・


・「楽しそう」とか「役に立ちそう」と思わせる画像

・「興味を引く」文字装飾

・「内容が知りたくなる」見出し


です。

他にもタイトル付けや記事構成など色々とありますが今回は上記3つのことについてお話させていただきます

まず最初に知っておいてほしいのは「記事を読んでくれるユーザーは上から順番に一字一句全部読んだりはしない」ということです。

そのブログのすごいファンなら別ですが、検索して初めて来たユーザーはたいてい上から下までサーッとスクロールします。



スクロールして自分が欲しい「答え」があるかどうかを探します。

その時に見ているのは「画像」「文字装飾」「見出し」です。

(あとは、スクロールを適当な所で止めて少し読んだりします)

文章を丁寧に書くことはとても大事なことですが、それ以外にもブログの内容が読みたくなる見せ方として上記のことは意識してみてください。

それでは上記の内容について、さらに詳しくご説明させていただきます。

「楽しそう」とか「役に立ちそう」と思わせる画像とは?


画像や動画は、ユーザーが記事を読みたくなる大きな要素になります。

(僕は動画はあまり入れませんが画像は必ず入れています)

例えば少し楽しませたい場合は・・・



面白い写真に文字を入れたりします。

あとは



画像を少し綺麗に加工するだけでも「役に立ちそう」と思えて記事を読みたくなります。

画像には記事内容をよりイメージしてもらいやすくなる効果もあります。

だいたいですが、見出し一つに対して画像を一つ入れている感じにしています。

それと、言葉だけでは理解できないと思う部分やイメージしてほしい場所にも画像を入れたりします。

※記事内容と関係ない画像を記事に入れると逆効果になるので注意してください。

※アドセンス広告のすぐ上や下に画像を入れてしまうと規約違反になるので気をつけるようにしてください。

興味を引く文字装飾とは?


文字装飾には色々なものがあります。


赤文字

太字

文字の背景色

大きい文字


などです。

基本的には上記4種類しか使っていないです。

(青色や緑色の文字など様々な色を使っている人もたまにいますが、かえって見づらくなってしまいます)

そして、たいていは太字と組み合わせて使っています。


赤文字+太字

黄色の背景色+太字

大きい文字+太字


といった感じです。

ユーザーが記事をスクロールしながら見ている時は文字装飾されている記事が無意識のうちに目に止まります。

なので僕は・・・


文字装飾されている文字だけを見れば「答え」が分かるようにしています。


記事の最初にも答えは書いているのですが、その時は「広い意味での答え」になります。

例えばタイトルが「日本で一番売れているクルマとその理由とは?」だったとすると・・・

最初に書く答えは「日本で一番売れているクルマはプリウスです」と書きます。

そして、文字装飾さえ読めば「売れている理由」が分かるようにします。

さらに詳しく知りたい人は記事を最初から読んでくれるようになります。

たまに最後まで読んでほしいから「答え」を一番最後に書いている人がいますが、検索している人はサイトの表示速度が数秒遅いだけでも違うサイトに行ってしまいます。

なので、大まかな広い意味でいいので、なるべく「答え」を最初に書いてあげた方がいいです。

あとは、文字装飾で状況をイメージさせることもできます。

例えばですが「意識を失いかけている人」をイメージさせるには・・・


「大丈夫ですか!?」

「・・・丈夫ですか?」

「・・・すか」

「・・・」

「・・」

「・」


といった感じで使い方によっては色々なことができます。

(こんなことは使わないと思いますけど色々できます(^^))

文字装飾がまったく無い記事だと読み疲れをしてしまうので色々と工夫して使ってみてくださいね。

内容が知りたくなる見出しとは?


「内容が知りたくなる見出し」は疑問文の見出しです。

それだけです(笑)

それだけなんですけど、基本的に人は「?(クエスチョンマーク)」が付いているとその内容が知りたくなります。



僕の場合は、見出しだけじゃなく「記事タイトル」もほとんどすべてが疑問文になっています。

ちょっと、あざとい気もしますが疑問文にするだけで人の心理として「見たくなる」のでなるべく使うようにしています。

「共感を与える」記事の書き方とは?


今回、この記事を書いていてあなたに一番お伝えしたいのは共感できる記事の重要性です。



アフィリエイトに限った話ではないですが文章を書くビジネスにおいて「共感してもらう」ということは、とても重要なことです。

僕のブログの一つでリピーターさんが4割を超えるブログがあります。

1日に2万アクセスくらいあるので、約8千人はリピーターさんです。

何度も来てくれるのは「内容に共感してくれているから」だと思います。

「前向きな気持ちになれた」とか「それ、わかるわかる」とか「面白かった」などの共感ができるからまた記事を読んでくれるのだと思っています。

ブログの内容にもよりますが、僕は「ユーザーにどうなってほしいか?」ということを考えて記事を書いています。

例えば・・・

ユーザーに楽しんで欲しいブログの場合は楽しい画像などをたくさん使って、自分でも「クスッ」と笑えるような記事を書きます。

悩み系のブログでユーザーに前向きな気持ちになってほしい場合は、「あとがき」に必ず「前向きな言葉を入れる」ようにしています。

本気で伝えたい内容の記事を一生懸命書いていると感極まって、自分で書いてて涙が出てきそうなこともあります。


何が言いたいかと言いますと・・・



文章には書いている人の気持ちが出る



ということです。

昔、ある漫画家さんが「描いていて面白くない漫画は読んでいる人も面白くない」て言っていたのを今でも覚えています。

アフィリエイトも同じです。

記事を書いていて「つまらないな・・・」て思いながら書いている記事は、読んでいる人もつまらないです。

書いていて、自分で楽しい記事は読んでいる人も楽しいです。

記事を書いていて苦しくても「これだけ丁寧(ていねい)に作った記事は絶対に読みやすいはず」ていう記事は読んでいる人が「すごく丁寧に作ってあって読みやすいな」て感じます。

気持ちを乗せて記事を書かなければいけないということではなく・・・

「読んでくれる人にどういう気持ちになってほしいか」ということを考えてほしいんです。

記事読んでくれた人が「答えを知ること」や「役に立つこと」以外でプラスアルファになることを考えてみてほしいんです。

「楽しんでほしいのか?」

「前向きな気持ちになってほしいのか?」

「癒やされてほしいのか?」

何でもいいんです。

何かプラスアルファの「付加価値(ふかかち)」を付けてあげてほしいんです。

難しいことじゃなく、純粋に読んでくれた人に「どうなってほしいのか?」ということを考えるだけで伝えたいことも明確になります。

僕は、このアフィリエイトブログであなたに「稼げるようになってほしい」です。

そういったことを考えるかどうかによって文章の内容も見せ方も変わってくると思います。

役に立つ記事はみんな書いています。

だからこそ、プラスアルファの魅力が必要になってきます。

「誰よりも分かりやすく書く」とか「見やすさにこだわる」でも何でもいいんです。

ユーザーがまた訪れたくなる要素を何か入れてあげてください。

さいごに


ブログには様々な見せ方があります。

ブログの「テーマ」を変えるだけでも全然違ったものになります。

アフィリエイトは作り方によって「エンターテインメント」になります。

見せ方によってユーザーが楽しんで見てくれるようになるのです。

色々なことを試して自分のスタイルを作り上げていってください。

そして、ブログの記事でホントに大事なのは「読んでくれた人にどうなってほしいのか」です。

もし、あなたが本を出版することができるようになったら「自分の本を読んでくれた人にどうなってほしいのか」をまず考えると思います。

あなたが「ホントに良いもの」を目の前にいる人に伝えたい時は、相手に自分の知っていることを一生懸命に伝えると思います。

「淡々と記事を書く」ことや「今日も頑張って記事を書かなきゃ・・・」ていう気持ちも必要なのかもしれませんが、本当に必要なのは自分の記事を読んでくれた人にどうなってほしいのかです。

ホントに何でもいいんです。

どんなことでもいいので「役に立つ内容」以外にも「見て良かった」と思える要素を入れてみてください。

それが、あなたの大きな魅力となりますので。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントは6件です

  1. 美鈴 より:

    いさおさん、こんばんは~。
    美鈴です。

    記事を書く気がしない時に無理やり
    書いた記事って後から読み直しても
    「ダメだな」と思う記事が多いです。

    やっぱり記事は自分で書いていて「楽しい」と
    感じないと、読んでくれている人にも
    「楽しい」と感じてもらえませんよね。
    とても参考になりました!

    ありがとうございますm(__)m

    • いさお より:

      こんにちは美鈴さん。
      いつもコメントありがとうございます!

      そうなんですよね。
      気分が乗らない時に記事を書いても後から見たら「ダメだ・・・」て思うことが多いんですよね。

      そして、楽しんで書いた記事はアクセスが伸びたり、コメントを多くいただいたりします。
      アフィリエイトは楽しまないともったいないですよね!

      またのご訪問をお待ちしております。
      (^^)

  2. プラナ より:

    いさおさん、おはようございます。

    記事を書くときに、
    自分がワクワク、楽しい気分で書くのと
    その気にならないときに書くのでは

    読み返した時に、文章に現れますね。

    読者さんが、「読んでどういう行動してほしいか」
    とても良い勉強になりました。

    これから意識して書いていこうと思います。
    ありがとうございます。

    • いさお より:

      こんにちはプラナさん。
      お久しぶりです。

      そうなんですよね、楽しい気分で書いた時には自分で読み返しても一気に読めたりするし、きっとユーザーさんも一緒なんですよね。
      (^^)

      ホントに気分は文章に現れます。

      「読んでどういう行動してほしいか」を意識するだけで文章の内容(質)が変わります。
      文書で「楽しませること」も「感動させること」も「勇気を与えること」もできます。
      ぜひ、意識してみてくださいね!

      またのご訪問をお待ちしております。

  3. アキモト より:

    アキモトといいます。
    すごーーーーく勉強になりました。
    特に「色を付けた所だけ読めば内容が分かる」
    「面白くないと思って書いた記事は面白くない」
    の2点は心に残りました。

    また、よらせて頂きます。
    応援クリックします。

    • いさお より:

      こんにちは、アキモトさん。
      コメントと応援ありがとうございます。
      参考になれる部分があって良かったです!

      基本的に読者は記事内容を全部見ないので上記2点だけを意識するだけで読みやすくなると思います。
      またのご訪問をお待ちしております。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

【公式】いさおメルマガ


※配信は6月頃を予定していますがご登録は受け付けております