ブログアフィリで稼ぐ講座第16回!記事を書く時の大事な注意点とは?

目安時間:約 9分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

ブログの記事を書く時の大事な注意点とは?


nb41a

ブログの記事の書き方は人によって様々です。

もし、あなたが単なる趣味のブログを作る為だけに記事を書くなら好きなように書いていいと思います。

でも、人に見に来てもらう記事を書くには注意しなければいけないことがいくつかあります。

その中でも特に大事なことが2つあります。

それは・・・

答えを記事の最初に書く

記事を見ている人は一人だけ

です。

この2つを意識しないとせっかく訪問してくれた読者があなたのブログのファン(リピーター)になりにくくなってしまいます。

記事を書く上で大事なことなので上記2つのことについてこれから詳しくご説明させていただきます。

答えを記事の最初に書く理由とは?


nb41b

ちょっとだけ考えてみてください。

あなたがスマホやパソコンで「検索」をする場合ってどんな時ですか?

・・・・・

・・・「調べたいことがある時」じゃないですか?

答えがすぐに知りたいのに訪問したブログでなかなか答えが出てこなかったらどうします?

きっちりと最後までブログの記事を読みますか?

きっと軽くイラッとして違うサイト(ブログ)に行くと思うんです。

何か調べたいことがあって検索すると無数のサイト(ブログ)が表示されます。

キーワードによっては数億という大量のサイトが一つのキーワードに存在している場合もあります。

そんなにたくさんある中から、たまたま訪れたあなたのブログで調べたいことを見つけなければいけない理由はどこにもないんです

場合によってはサイトの開く時間が数秒遅いだけで別のサイトに行ってしまうこともあります。


検索している人はすぐに答えを知りたいんです。


nb41c


暇だから検索しているわけではないんです。

(暇な人もいるかもしれませんがほとんどは違います)

じっくりとサイト(ブログ)を読むことができる人だけが検索しているわけではないんです。

だからこそ、すぐに答えを用意してあげなければいけないんです。

よくあるのが最後まで記事を読んでもらおうとして答えを最後に書いている記事があります。

そういう手法が絶対にダメだというわけではないですが、それだとどんなに良い記事を書いても読んでもらえない可能性があります。

なので最初に答えを書いて、後から詳しく説明するのが一番良いのです。

今書いているこの記事の書き方も先に答えを書いています。

タイトルで「記事を書く時の大事な注意点は?」というタイトルにして疑問文にしてから・・・

赤い文字で「答えを記事の最初に書く」と「記事を見ている人は一人だけ」という答えを書いています。

(実際には答えを書いても後の詳しく書いた記事内容を見ないと意味がよく分からないような答えではあるのですが)

僕はどんなブログで、どんなジャンルの記事を書く時も必ず最初に「答え」を書きます。

「こんな内容のことを書いているんですよー」ということを最初にお伝えしているのです。

これを例えば、「人気の高級時計ロレックス サブマリーナー デイトナの価格は?」というタイトルをつけたとします。

nb41d

そして記事内容が「ロレックスの歴史」から始まって「ロレックスの種類」が書いてあって「ロレックスの魅力」について書いてあって最後に「ロレックス サブマリーナー デイトナの価格」について書いてあったら読み続けます?

スクロールしていってすぐに分かるならいいのですが見出しすら書いていなければ間違いなく最後まで読まないですよね?

なので最初に「ロレックス サブマリーナー デイトナの価格は87万4800円です」て教えてあげないといけないんです。

知りたい情報が見つかれば検索した人の目的は達成されたので、後は他のサイト(ブログ)に行って調べる必要が無くなります。

その後に詳細情報や関連する内容の記事が書いてあれば読んでくれる可能性が高くなります。

まずは「答え」を与えてあげてください。

いつも知りたい答えが最初に書いてあると思えば、また調べたいときにあなたのブログに訪問してくれるようになります。

なので「答え」は最初に書くようにしてください。

そして、なるべく目立つように「太字」「赤文字」などにした方がいいです。

特に強調するときには太字と赤文字を両方使います。

こんな風に

あとは文字の一部を大きくしたりもします。

色々と使い分けてみてください。

「記事を見ている人は一人だけ」とは?


nb41e

スマホやパソコンなどで検索するときはたいてい「一人」で見ますよね?

でも意外と「大勢に向けて記事を書いている」という人が多いんです。

あからさまに「みなさん」という言葉を使っているわけではないのですが文章を読んでいると「一人の人に向けたメッセージ」になっていないんです。

大勢の人に向かって演説をしているような文章になっているんです。

実際にブログは誰が読んでくれるか分からないし、アクセスが増えれば不特定多数の人がブログの記事を読むことになります。

でも

ブログの記事を読んでいる人はほとんど一人で見ています

読んでいる人にとっては「書いている人」と「読んでいる自分」しかいなんです。

なので記事を書く時も一人の人を想像して書いた方がいいんです。

そして使って欲しい言葉が


「あなた」


です。

不思議なもので「あなた」て言われるとブログの記事であっても「自分に対して言っているような気持ち」になるんです。

「あなたならできます」とか「あなたはどう思いますか?」て言われると自分に対して言ってくれているような気分になれるんです。

ブログの記事はタイムリーなものでないこともあるし、不特定多数の人が見るものですが、読んでいる人にとっては「自分へのメッセージ」なのです。

なので記事を書く時は必ず「一人の人を想定して」あなたのメッセージを届けるような気持ちで記事を書いてみてください。

さいごに


僕はブログの記事を書くということは、誰かに「価値を提供すること」だと思っています。

知りたい人に知りたい情報を提供することだと思っています。

記事を書く時も現実に置き換えて考えてみて欲しいのです。

現実で知りたいことがある人に対して、じらしたり、もったいぶったりしたらイライラさせるだけですよね?

場合によっては「もう、いいよ」て聞く気もなくなってしまいます。

(そうなったら二度と聞きに来ないです)

なので、知りたい情報をすぐに教えてあげることはとても大切なことなのです。

それと、ブログの記事は単に情報を伝えるだけではあなたのファンにはなってくれません。

あなたの意思(考えや思い)を感じることができたり、記事の内容に満足できるからあなたのファンになってくれるのです。

「読んで良かった」て思えるからまた、あなたの記事に訪問してくれるのです。

記事を書くテクニックは色々とありますが、それ以上に大事なことはあなたが読者を「どのような気持ちにさせてあげたいか?」だと僕は思っています。

僕が運営するブログには「面白いブログ」にするために冗談をたくさん書いてあるブログがあります。

それは読者に楽しみながら知識を増やしてほしいからです。

「こうやって書いたら笑ってくれるかな?」て考えながら記事を書いています。

他には「前向きな言葉」をたくさん入れているブログがあります。

それはブログを見た読者に「前向きな気持ちになってほしい」からです。

そうやってブログごとにコンセプトを設定して書いています。

コンセプトが必要かどうかは別として「読者のことを一番に考えた文章」を記事の中に書いてほしいと思います。

記事を早く書くことも大事かもしれませんが何より大事なのは、あなたの気持ちを文字にして伝えることです。

あなたの気持ちに共感してもらうことなのです。

難しく考える必要はないですが「あなたらしい」「あなたにしか書けない」ブログの記事を書いていってください。

そこにブログの価値が生まれてきますので。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントは2件です

  1. 水島夕月 より:

    こんにちは。
    記事を見ているのはひとり、その通りですね。
    ついたくさんの方に向けてという気持ちで書いてしまうので
    直していかないとと思いました。
    いつも勉強になります。

    • いさお より:

      こんにちは、水島夕月さん。
      コメントありがとうございます!

      ブログはついつい大勢に向けた言葉になりやすいですよね。
      伝えたい人を一人想像して書くのが一番伝わりやすい文章になります。
      こちらこそ、いつもご訪問していただきありがとうございます!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
自己紹介と当ブログについて

isao12

管理人:いさお
詳しいプロフィール

カテゴリー
アフィリエイト基本用語

afyi12a
上記画像かこちらをクリックしてください。

最近の投稿
人気ブログランキング
メタ情報