ブログ作成の注意点!ライバルチェックをしないと稼げない理由とは?

目安時間:約 9分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

ライバルチェックをしないと稼げない理由とは?


nb17g

ライバルチェックってしていますか?

特化型のようにジャンルをしぼったブログを作る時にはライバルチェックがとても重要になってきます。

ライバルチェックをしないと稼げない理由は・・・

ライバルが強いとアクセスを集めることができないからです。

ライバルが強いと上位表示させるのにすごく時間がかかります。

おそらく時間がかかるというより、勝てないので上位表示できないです。

一生懸命に100記事書いても1日のアクセス数が100も集まらないといったツライことになってしまいます。

そして、100記事も書いてアクセス数が100も越えないと心が折れてアフィリエイトを辞めてしまいます。

(僕なら確実に心が折れます)

ライバルチェックの仕方とは?


Research Websites

ライバルチェックで見てほしいのは・・・

・アフィリエイターが多いかどうか?

・無料ブログが上位表示されているか?

・上位表示されているサイトの記事数が多いかどうか?

・綺麗なサイトが多いかどうか?

この4つです。

もっと色々と細かくライバルチェックをしているアフィリエイターは多いですが、僕が見ているのは上記の4つだけです。

「アフィリエイターが多いかどうか?」は、広告を貼ってあるサイトが多いかどうかで分かります。

アフィリエイターが多いところで勝負して勝てないことは無いかもしれませんが、ライバルの弱いキーワードがまだまだある中であえてライバルの多いところで頑張る必要はないと思います。

時間がかかるので。

次に「無料ブログが上位表示されているか?」は、無料ブログが上位表示されている場合は「ライバルが弱い」と思っていいです。

無料ブログが上位表示されているジャンルなら独自ドメインを取ってワードプレスで作ったブログなら、丁寧に記事を書いていけば勝てるようになります。

次に「上位表示されているサイトの記事数が多いかどうか?」ですが、基本的に上位表示されるサイト(ブログ)というのは、情報量が多くて役に立つサイトです。

記事数が100を越えていて、文字数が1記事2000文字以上あるサイトなら勝つのは難しいです。

そして、記事数が少なくても文字数が2000文字以上で内容がしっかりしているサイトも強いです。

でも、記事数だけが多くて1記事の文字数が500文字くらいしかないサイトが上位表示されていることがあります。

そういったサイトは記事数が多いから強そうに見えるけど実際は強くないです。

なので文字数の少ないサイトが上位表示されている場合は、ねらい目なジャンルとなります。

(ただ、検索ボリュームが低いジャンルはいくらライバルが弱くても参入しないようにしてください、誰も見に来ないジャンルはアクセスが集まらないので)

最後の「綺麗なサイトが多いかどうか?」は、結構重要です。

その理由はアフィリエイター以上にSEOを駆使して、ブログをカスタマイズして、濃い内容のコンテンツを配信している可能性が高いからです。

次に見てほしいのがライバルサイトの数です。

nb17d

フェイスブックは約 15,800,000 件です。

次に頭痛は・・・

nb17e

約 18,800,000 件なのでフェイスブックより少し多いくらいです。

最後にfacebookの場合は・・・

nb17f

約 16,110,000,000 件です。

100億ものfacebook記事があるので、勝つ見込みはほとんど無いです。

次に「フェイスブック」というジャンルと「頭痛」というジャンルのライバル記事数を比べて見ると「頭痛」の方が多いですよね?

でも気を付けてほしいのは、頭痛に比べるとフェイスブックのジャンルの方が「綺麗なサイト」がすごく多いんです。

3ページ目くらいまで綺麗なサイトがあります。

綺麗なサイトというのは、個人で運営しているサイトではなくWeb制作会社が作ったようなサイトのことです。

それに比べて、頭痛の方は個人で運営しているようなサイトが1ページ目にすでにあります。

なので、頭痛のジャンルでは勝てる(上位表示できる)可能性は高いですが、フェイスブックのジャンルで勝つのはすごく難しいです。

他にも気を付けてほしいライバルのジャンルとは?


「子育て」や「主婦」といったジャンルはなるべく避けた方がいいと思います。

その理由は、子育てをしている主婦のアフィリエイターがものすごく多いからです。

以前、「イクメンパパの子育て情報」みたいなブログを作っていた人がいて100記事書いても1日にアクセス数が10人も来ないって言っていました。

(キーワード選定にも問題があったのかもしれませんが)

よほど、うまくキーワードをずらさないと勝負するのは厳しいと思います。

結構、アメブロ(無料ブログのアメーバブログ)ばかりだから簡単に上位表示できるかなって思うんですけど難しいジャンルです。

あとは、美容系はサイトアフィリエイターが非常に多いのでライバルが多すぎます。

髪の悩みとかもサイトアフィリエイターが多いジャンルです。

料理関係も強いです。

上記のジャンルでキーワードをうまくずらしていけば勝てないことは無いかもしれませんが、なるべくなら避けた方がいいです。

もっと簡単に上位表示できるジャンルがありますので。

さいごに


今回、「フェイスブック」と「頭痛」を例にしてご紹介させていただきました。

「facebook」は100億のライバル記事(サイト)があって、「フェイスブック」と「頭痛」は1千万以上のライバル記事がありました。

さすがに100億もライバル記事があると難しいですが1千万くらいなら勝てる見込みはあります。

※同じフェイスブックでも使うキーワードが違えばライバルも変わってきます。

僕の場合は、ライバル記事が約 272,000,000 件 (2億7千万件)あっても上位表示できているブログがあります。

そのブログの記事は1記事で3千アクセスを集めてくれています。

ただ、勝てるとは思いますが最初は、ライバル数は100~200万くらいのジャンルをなるべく探した方がいいです。

それと、特化型のパワーブログは一つのジャンルに絞って記事を書いていくので途中で違うジャンルに方向転換するのは難しいです。

ジャンルを途中で変えてしまう時点で「特化型ブログ」ではなく「ごちゃまぜブログ」になってしまいます。

ごちゃまぜブログでも稼ぐことはできるのですが、ネットの世界がどんどんリアルの世界に近づいていることを考えるとなるべくならジャンルをしぼった専門性の高いブログを作った方がいいと思っています。

(本屋さんに、なんでも好きなことを書いている本て無いですよね)

特化型のパワーブログは簡単にジャンルを変更できないので、書き始める前のリサーチがとても重要になってきます。

だからこそ、ライバルチェックは念入りにやってほしいと思います。

ブログアフィリエイトのジャンルやキーワード探しは「宝探し」のようなものです。

何度も検索ボリュームやライバルサイトをチェックすることで、だんだんと「勝てるジャンル」が見えてくると思います。

何度も言いますが特化型のブログはジャンルの軌道修正が大変です。

なので、ジャンル選びはゆっくりと時間をかけて探すようにしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントは2件です

  1. 宝来 より:

    こんにちは!iBSA塾の宝来と申します。
    ランキングサイトから来ました。
    とても勉強になりました!
    また訪問いたしますね^^
    応援して行きます。

    • いさお より:

      こんばんは、宝来さん。

      コメントと応援メッセージありがとうございます!
      少しでもお役に立てて良かったです!!
      またのご訪問をお待ちしています!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
自己紹介と当ブログについて

isao12

管理人:いさお
詳しいプロフィール

カテゴリー
アフィリエイト基本用語

afyi12a
上記画像かこちらをクリックしてください。

最近の投稿
人気ブログランキング
メタ情報