ブログアフィリで稼ぐ講座第2回!アドセンス審査で落ちる理由とは?

目安時間:約 8分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

アドセンスとは?


nb09a

アドセンスというのは、Googleのアドワーズ広告を自分のサイトやブログに貼ることで収入を得ることができるシステムです。

アドセンス広告はクリックされるだけで収益が発生するので、ネットビジネス初心者でも取り組みやすいのですが、広告を自分のブログに貼るためには「審査」が必要になります。

審査には、1次審査と2次審査があって審査に通らないとアドセンス広告をブログに貼ることができないです。

そして、意外と何も知らない人は、何でも記事に書いてもいいと思ってしまい審査に落ちてしまいます。

アドセンスの審査で落ちる理由を知らないと何度挑戦しても落ちてしまいます。

なので今回は、アドセンスの審査で落ちてしまう理由をご紹介させていただきます。

あなたがアドセンスの申請をする時の参考にしてみてください。

アドセンス審査で落ちる理由とは?


nb09b

【一次審査で落ちる理由】

①「書いてはいけないことを書いてしまっている」

・競馬やパチンコなどギャンブルについて書いてある

・死や戦争など暴力的なことを連想するようなことを書いてある

・アダルトな内容が書いてある

・批判するような内容が書いてある

内容は、子供が見ても影響がないような内容でなくてはいけないです。


②「著作権に触れる可能性があることはしない」

・芸能人の名前を使ったり、団体名を使うのは辞めた方がいいです。

・画像や動画、ネットの中の文章も著作権に触れる可能性があります。

(コピペはもちろんですが、文章を自分の言葉に変えるリライトもやめた方がいいです)


③「記事数と文字数が少ない」

・記事は1次審査が通るまでは毎日書く

1次審査に通る日数は人によって変わりますが、長くても10日くらいです。

(早ければ、数分後に審査が通ることもあります)

以前は、10記事くらいでも審査が通りましたが今では30記事くらい書かないと審査が通らなくなっています。

これから本格的にブログアフィリエイトをする場合は毎日1記事づつ書いて、100記事、200記事と書き続けていくので、その前の練習だと思って書いてみてください。

・1記事の文字数が1000文字以上

文字数が少なくても審査に落ちる可能性があります。

1000文字以下だとちょっと心配です。

僕は最初の頃、文章を書くのが苦手で1記事200文字以上を書くのもきつかったです。

(書いているうちに慣れてきます)

上手に書こうとか、面白いことを書こうと考えずに書けること(書きたいこと)を思った通りに書いてみてください。


④「申請用のブログは無料ブログじゃなくWordPressを使う」

以前は、無料ブログで申請が通りましたが、現在はドメインとサーバーを使った有料のブログじゃないと審査が通らなくなっています。

そして、記事の内容は何か専門的なものの方が良いです。


⑤ 「リンクを貼らない」

アドセンスの申請をする場合はリンクを貼らない方がいいです。

1次審査が通ったら2次審査でアドセンスの広告を貼るのですが、アドセンスの広告以外で他のサイトに飛べる(行ける)ようにはしない方がいいです。


⑥「運営者情報が書いていない」

運営者情報はアドセンスを利用する場合には、必要になるものです。

運営者情報の内容は・・・

・運営者の名前(ハンドルネームでもOK)

・連絡先(フリーメールのメールアドレスでOK)

・プライバシーポリシー

の3つです。

だいたい文章的には・・・


タイトル:運営者情報

本文(記事内容)


運勢者:いさお

連絡先:フリーメールのアドレス

プライバシーポリシーの内容

となります。


プライバシーポリシーの文章は

「訪問者の興味のあることをアドセンス広告で表示させてもらう」

「広告の内容はGoogleが提供するアドセンス広告の貼ってあるサイトやYouTubeにアクセスした時の情報を元に配信させていただきます」

「個人情報は扱っていません」

といった内容になっていれば大丈夫です。


【2次審査で落ちる理由】

1次審査で合格すると2次審査になります。

アドセンスの2次審査は「アドセンス広告を貼ること」です。

アドセンス広告のコードをブログの記事上と記事下かサイドバーあたりに貼ることになると思います。

2次審査は落ちるというよりも広告が表示されない場合に「確認できません」といった内容のメールが届きます。

広告コードを貼り間違えている可能性があるので確認してみてください。

※広告はすぐに表示されるわけではありません、最初は真っ白な状態で2次審査に通るとちゃんと広告が表示されるようになります。

Googleの規約とプライバシーポリシー


こちらのGoogleの規約は一度目を通しておいてください。

http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/


プライバシーポリシー

http://www.google.com/intl/ja/policies/privacy/

アドセンス審査の主な流れ


nb09b

① WordPressに20〜30記事を書いてからアドセンス申請をする

(WordPressで記事を書く)

アドセンスの申請はGoogleのアカウントを取得してから、下記のURLから申請をします。

https://www.google.com/adsense/

②1次審査が通ったらアドセンスの広告コードを貼って2次審査の申請をする

(申請といっても広告を貼るだけです)

③2次審査を通過して1000円以上の売り上げになったら銀行口座の登録ができるようになります。

銀行口座の登録が終わると「確認待ち」になります。

確認待ちの状態になってから、登録した銀行にデポジットという少しのお金が振り込まれます。

(振り込まれる金額は人によって違います)

デポジットは1週間以内に振り込まれます。

デポジットが振り込まれたら、アドセンスの確認待ちの画面に行って金額を入力してから送信してください。

OKなら赤く表示されていた「確認待ち」の注意画面が消えます。

④「PINカード」

アドセンスの収益が1000円を越えるとPIN(個人識別番号)の書かれた手紙が届きます。

(1ヵ月以内に届きます)

このPINをアドセンスの画面に入力すれば、すべての手続きが終了します。

さいごに


アドセンスの申請は、慣れない文章を書くのは大変だし、審査に日数がかかると不安になったりします。

疲れる作業もあると思いますが、1度申請が通ると後は申請しなくてもずっと使えるようになるので頑張ってクリアしてください。

アドセンスの申請が終わったら、いよいよ本格的なブログ作成に入ります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
自己紹介と当ブログについて

isao12

管理人:いさお
詳しいプロフィール

カテゴリー
アフィリエイト基本用語

afyi12a
上記画像かこちらをクリックしてください。

最近の投稿
人気ブログランキング
メタ情報