ブログアフィリで稼ぐ!記事作成で気を付ける3つのポイントとは?

目安時間:約 7分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

ブログの記事作成で気を付けなければいけない3つのポイントとは?


ブログの記事作成で気を付けていることってありますか?

僕は、ブログの記事を書くときに気を付けていることが3つあります。

それは・・・

・記事の最初に答えを書く

・見出しを細かく入れる

・難しかったり専門的な言葉はなるべく使わない

この3つは、どの記事でも必ず意識しています。

それでは、どうして上記3つのことに気を付けているかについて、これから詳しくお話させていただきます。

記事の最初に答えを書く理由とは?


僕の場合は、だいたい記事タイトルを疑問文にしています。

(疑問文にしているのは、記事タイトルの最後に「?(クエスチョンマーク)」を付けた方が記事の内容を読みたくなるからです)

例えば・・・

記事のタイトルが「バレンタインで男子が一番好きなチョコレートは?」だったとします。

aj01a

そして、記事の最初の内容が・・・

「バレンタインデーの名前の由来について」

から始まって次に・・・

「バレンタインデーの歴史について」

という記事があって、さらに・・・

「バレンタインチョコの上手な渡し方」

が続いて、最後にやっと・・・

「バレンタインで男子が一番好きなチョコレートは?」

の記事の答えが書いてあったら、あなたは最後まで読みますか?

読まないで、別のサイトを見に行きますよね?

(僕ならすぐに違うサイトに行きます)

なので、最初に記事の答えを書くようにしているのです。

最初に「バレンタインで男子が一番喜ぶチョコは○○です」と伝えてから、その理由やレシピなどを詳しく書いていきます。

映画なんかも一緒じゃないですか?

最初の30分がつまらなければ、最後まで見たいとは思わないですよね。

映画館なら我慢して観ているかもしれないけど、DVDなら観るのを辞めてしまうと思います。

ブログも同じです。

最初に興味をもってもらえないと記事を読んでもらえないです。

なので、僕は記事の答えや大事なことは最初に伝えて、後から細かい説明や関連した内容を書いていくようにしているのです。

細かく見出しを入れていく理由とは?


aj01b2

僕がなるべく見出しを細かく入れる理由は・・・

・見出しもタイトルと同じように疑問文にして興味を持ってもらうため

・見出しを細かく入れることで読み疲れをなくすため

という理由があるからです。

まず、見出しも疑問文にしている理由は、ほとんどの人が最初から最後まで文章を全部読んだりはしないからです。

多くの人が、最初に記事タイトルを見て、興味を持つことでブログに訪問してくれて、次にブログを上から下までスクロールします。

上から順番に記事を最後まで読み進めてくれるわけではないのです。

スクロールをしている時に見ているのは「見出し」や「画像」や「色のついた文字」だけです。

ほとんど記事の内容は見ていないです。

そして、「面白そう」とか「役に立ちそう」だと感じたら興味を引く見出しのところの記事を読みはじめるのです。

実際には、リピーターでもない限りは、最初から最後まで、しっかりと記事を読んでくれたりはしないのです。

なので、基本的には・・・

「記事は最初から最後までちゃんと読まない」と思っておいた方がいいです。

だから、少しでも興味を持ってもらえるように見出しをクエスチョンマークにしたり、細かく入れているのです。

後は、読み疲れをなくすためにもなるべく多く入れるようにしています。

あなたも経験ないですか?

見出しのない文章を読んでいて途中で飽きてしまったことが。

文章を書く能力が高ければ、見出しを全然入れなくても読んでもらえるかもしれませんがブログを始めたばかりだと、なかなか読んでもらえる文章は書けないです。

なので、僕はなるべく見出しを入れて読みやすい状況を作るようにしているのです。

ただ、入れすぎると、かえって見づらくなってしまうこともあるので、あなたが読みやすいと感じる数の見出しを入れてみてください。

それと、見出しじゃなくても人によっては画像を適度にいれたり、文章と文章の間を離したり(広げたり)されている方もいます。

あなたが自分のブログの読者だったら、どのような作り方にすると見やすいかを考えてみてください。

ブログで難しかったり、専門的な言葉をなるべく使わない理由とは?


それは、難しい言葉を使われると・・・

読めないし、意味が分からないからです


aj01c

ブログには、扱うジャンルにもよりますが、毎日色々な人が訪れます。

おじいちゃん、おばあちゃんから、小さい子供まで。

分からないから検索してきているのに難しい言葉や漢字、専門用語を使う必要ってないですよね?

むしろ、難しい言葉なら小さい子供でも分かるように変えてあげた方が読みやすいし、難しい漢字を使うくらいなら、ひらがなで書いてあげた方がいいです。

なので、読みやすさを考えて、なるべく読みやすい言葉を意識して使うようにした方がいいです。

(だからと言って、文章を子供っぽくしたり、ひらがなばかりを増やしても見づらくなるので注意してください)

さいごに


僕は昔、ブログを書き始めた頃、100記事書けばブログが強くなってアクセス数が一気に上がると思っていました。

なので、100記事越えたらあとは「それなりの記事(頑張って書いていない記事)」を書いていこうと考えていました。

でも、


「それなりの記事」なんて書けないんですよね。


今まで頑張って書いてきて・・・

リピーターさんがいて・・・

コメントをしてくれた人がいて・・・

僕の書いた記事を読んで「ありがとう」て言ってくれた人がいるブログで手抜きなんて、できないんです。


僕は、ブログの記事を書くことで一番大事なのは「価値のあるコンテンツ(記事内容)」を提供することだと思っています。

この先、僕は頑張って書いていない記事を公開することはないです。

テクニックも確かに必要ですが、それ以上に訪問者(読者)のことを考えた記事を書いていってほしいです。

結果的には、一生懸命に読んでくれる人のことを考えて書いた記事が一番アクセスを集めやすいので。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
自己紹介と当ブログについて

isao12

管理人:いさお
詳しいプロフィール

カテゴリー
アフィリエイト基本用語

afyi12a
上記画像かこちらをクリックしてください。

最近の投稿
人気ブログランキング
メタ情報